陸マイラーは母子家庭を救えるか?

陸マイラー生活で脱ギャンブルを成し遂げ【150日間】で16万マイルと10万円分のAMEXポイントを貯めた新参陸マイラーが【母子家庭】になる妹家族を救う物語

ポイントサイトへの疑問と私の勘違い!

『人は自分が仕事で扱っているものが、何よりも重要だと勘違いするものだ。』

水納島です。

 

 

f:id:minnajima:20171026221326j:plain

 

 

私、勘違いしてました。何を勘違いしていたかというと、私たち登録者とポイントサイト運営者側との関係です。陸マイラー生活を始めてからポイントサイトの存在を知り、毎日利用させて頂いてます。利用してからはポイントサイトの魅力に取りつかれている一員です。そんな私は

 

我々登録者とポイントサイト運営側は一心同体なんだ!

 

と一方的に思ってます。いや、思ってました。というのも、とある先輩陸マイラー様のブログを読み、衝撃を受けたのでその事を本日はまとめたいと思います。


我々ポイントサイト登録者は、クレジットカード発行案件ならば利用額ノルマやキャッシング枠の有無を確認します。FX口座開設なら入金額の指定、取引額のノルマを確認します。不動産面談案件なら、企業情報や年収などの条件をしっかり読み、営業マンにアポを取り、面談まで何とかこぎつけます。上記のような様々な諸条件をクリアするのは、まぎれもなくポイント(マイル)が欲しいからです。

 

当然、私(登録者)が上記のような諸条件をクリアできなかったり、ミスを犯すとポイントサイト側も企業から利益を受け取れないんだと感じていたんです。

 

そんな理由で我々登録者とポイントサイト運営側は一心同体。言わば、共に利益を恭順する同志と思っていたんです。

 

f:id:minnajima:20171026221922j:plain

 

 


そして、本日はハピタスの紹介キャンペーンがあったこともあり、多くの先輩陸マイラー様が紹介記事をブログに掲載しておられました。皆さん、上手に書かれます。うらやましい限りです。40歳の私には真似はできません。本日も多くの陸マイラーさんのブログを読み勉強していると、とある先輩有名陸マイラーがブログにこう書かれていたんです。

 

『紹介バナーから登録するもしないもあなた次第です。紹介者(親)に何かしら利益をあげたくないという考え方なら、直接サイトから登録して下さい。』

 

と、ここまで読んだ段階では、私の胸の中では

 

ふむふむ、さすが有名陸マイラー様だな。私なら一人でも多くの登録者が欲しいと思うのに突っぱねてる。かっこいいな。こうなりたいな。

 

と思ってました。正直な気持ちです。しかし、その後の文章に衝撃。

 

紹介者(親)に何かしらの利益(ダウンポイント)を与えたくないという理由で、直接登録をするとその分は結果としてポイントサイト側にいってるんだよ。』

 

 

f:id:minnajima:20171026232719j:plain

 

 

 

要は、ポイントサイト側の利益になるんだよ

 

 

と書かれていました。『えーーーー、考えつかなかった。凄い。』これが正直な感想です。衝撃を受けました。その感覚は持ち合わせていなかったんです。若輩者です。本当にその通りだと思います。

 

紹介者(親)側に利益がいくもいかないも私には関係ない

 

私から妻への登録でポイントが付かなかったことは、今でも根にもってますが(笑)。直接問い合わせる勇気がなく、まだしておりません。先輩陸マイラー様にもポイントサイト運営者様にも本当に感心させられました。企業であれば、利益を出していかなければ生き残れません。美学だけでは生きていけません。そこに気がついた時には今日のブログの文章を書いてました。文章化することにより、冷静に頭の中を整理できます。冷静になると一つの疑問が浮かんできました。

 

 

疑問?

それぞれの案件で登録者にポイントが入らなくても、サイト運営者側には企業から何かしら入ってるんじゃないか?

 

 どうなんでしょう?どなたか知りませんでしょうか?

 

決して登録者とポイントサイト運営者側は一心同体、同志ではないという考えに改めました。ただ、先程も先輩陸マイラー様の考えのように、ポイントサイト側に企業から販売費が入っていようが私には関係ない。紹介者も登録者もポイントサイト運営者側もみんなが潤って笑えればいい。そう思うようになりました。

 

色々諸条件を付けられると、ポイントサイト側や企業をどこか敵視してしまう自分がいて恥ずかしかったですが、ポイントサイトと登録者をひとまとめにしてポイント業界というくくりにしてしまえば、全体が発展すればよいことですもんね。

 

40歳のおじさんのつぶやき出した。最後までお読み下さりありがとうございます。